美容整形に走る女性の心の闇|なぜ、彼女たちは整形を繰り返すのか!?

美容整形に走る女性の心の闇ですが、彼女たちは整形を繰り返してしまいます。最初は、気になる部分の整形をして満足できるはずですが、それでも今度は別の場所を整形してしまうのはなぜでしょうか?

「整形依存症」ということばが最近では、テレビやニュースで多くなってきました。話題にされることが多く、美容整形手術は身近なものになっています。美容整形手術を行う目的は、手術を行った後の自分に満足して、幸せな人生を送る点にあります。それが、なぜ手術を行って思い通りの自分を手に入れたのに、結果に満足することなく、また整形手術を行ってしまうのでしょうか。こんな症状の方を整形依存症と言います。

 

整形依存症は、身体的な美にコンプレックスを強く感じてしまい、何度も美容整形を繰り返してしまう、精神疾患の1つとなっています。自分は醜いと思い込んでしまい、美しくなりたい整形手術をしてコンプレックスを解消しなければという一種の強迫観念にかられてしまい、何度も何度も体のさまざまな部分の整形手術を繰り返し歯止めがきかなくしまうのです。

 

整形依存症の特徴は、他人から見たらまったく気にならない程度の欠点を異常n気にしてしまい、整形手術を行わずには、いられないと感じてしまいます。体のさまざまな部分の手術を繰り返すことにより、全体のバランスが悪くなってしまいますが、本人は、整形することにより、よくなると思っているので、バランスについては気が付いていない状態です。

誰でも1つは持っているコンプレックスを気にする具合は人それぞれです。全く気にしない人もいますし、コンプレックスのせいで外出も嫌になってしまうほと深刻な悩みとなっている人がいます。

そんな深刻な悩みを抱えている人を救うことが出来る整形手術は、素晴らしい技術です。しかし、手術を行うにあたっては、医師免許を持っている医師が行うものなので、専門の知識や技術、経験が必要になってきます。

手術を受ける以上は、失敗や後遺症などのリスクがあるということもきちんと把握することが重要になってきます。手術を繰り返し何度も行うことにより、そのリスクは高くなってしまいます。

実際に、コンプレックスは理解することが出来ますが、満足できる美を手に入れる事が本当に可能かどうかきちんと考える必要がありますよね。

整形依存症の場合には、周りの意見などに耳を傾けることなく、自分の意思が大きすぎて、反対することにより、逆上してしまうこともありますので、注意が必要になってきます。